RT021.jpg にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球 ファームへ

2014年03月05日

こんなに不思議なことがあったんです

実は達ちゃんのことで不思議なことがあったんです。

まあこじつけと思われる方もおられるかと思いますが、

私個人はちょっと驚きました。

今年、1月10日に雪を掻き分けて中国山地を縦断して広島に向かいました。

そう、カープの新人たちの入寮日の次の日です。

その日は、娘と広島市内で食事をし、その後、市内で偶然、大瀬良くんと

久里くんを見つけてこちらから声を掛けて何かラッキーと思って娘の部屋に

泊まり、翌朝、大野練習場を目指しました。

丁度、燃料が無かったのでバイパスにあったセルフのガソリンスタンドで

給油をしました。

いつもはレシートなんかすぐに捨てますが、この時は無意識に財布に入れた

見たいです。

先日、財布が嵩張るので捨てようと思ってふと何気なくレシートを見ると

名前に見覚えがる。

resi-to001_03_05_2014.jpg

赤くマーキングしましたが、更に拡大したのがコレです。

山中達也_03_05_2014.jpg

山中達也の文字が見えるでしょう。

もちろん、ただの偶然ですが、大野練習場に向かう時に

立ち寄ったというのと、この時はまだ達ちゃんの練習生としての

復帰は知らなかった時だったので、今思うと本当に不思議です。

同姓同名の方はいらっしゃると思いますが、このタイミングで

見つかったって言うのが何だか縁を感じますね。
posted by 和をん at 20:38| Comment(2) | 山中達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

夢の続きをまた走り始める若者に力を貸して下さい

IMGP9866_03_04_2014.JPG

山中達也という選手をご存知ですか?

私の過去のブログ記事で良ければコチラ

http://geki-carp.seesaa.net/category/6081928-1.htmlを参照ください。

IMGP1742_03_04_2014.JPG

彼は山中達也選手は2010年の10月3日に戦力外通告を受けるまでは

広島東洋カープの選手でした。

ご存じの方も多いとは存じますが、彼の略歴をサラサラっと。

香川県坂出市出身で、1988年12月23日生まれ。

左投げ左打ちでポジションは投手。

丸亀城西高等学校から2006年 育成選手ドラフト1巡目指名を受けて

広島東洋カープに入団、背番号は122番。

カープでは會澤翼選手、前田健太投手が同期、他球団では田中将大投手や

坂本勇人選手、堂上直倫選手、大嶺祐太投手、増渕竜義投手など現NPBの

ホープと呼ばれる選手と同期入団だった。

178cm83kgと投手としては特別恵まれた体格とは言えないが、多彩な

変化球と頭脳的な投球に加え、闘争心を表に出した投球で勝負する技巧派左腕として

支配下登録を目指してカープのファームで奮闘した。

途中、ケガや不振に苦しみながら、また、野球協約による自由契約、再契約を経て

4シーズンを主に由宇練習場、大野練習場で過ごすも支配下登録に至らずカープを

離れることに。

その後、NPB のトライアウトを受けるも契約には至らず、故郷香川でアイランド

リーグ、香川オリーブガイナーズに入団し、再度NPBへの復帰を目指す。

背番号はカープの同期入団、前田健太投手と同じ18番。

IMGP2844_03_04_2014.JPG

IMGP3038_03_04_2014.JPG

IMGP2853_03_04_2014.JPG

しかし、2011年のシーズンを香川オリーブガイナーズで迎えた山中投手に

突然の悲劇が立ちはだかる。

練習外の行事参加時に首を強打し、野球はおろか、通常の生活もままならない

生涯車椅子生活の可能性もあるとの医師の診断を覆す回復力と努力、リハビリにより

通常の生活が出来るまでに回復、そしてこの春、選手復帰が困難との見解より契約を

解除されていた香川オリーブガイナーズと練習生契約を結んだ。

サラッと書いても山あり谷あり、紆余曲折で波乱万丈の人生を辿っているのがわかると

思う。

もちろん、私が知っているのは我が目で見ていたのはカープで彼が過ごした

4年間の内の一部分、僅かな面の部分でしか無い。

優雅に進む白鳥が水面下で忙しなく水を搔き続けるが如く、見えない部分の努力は

計り知ることすら出来ないが、彼を見る度に足腰が少しづつ逞しく、また顔つきも

精悍になって行く様を見るとその努力の凄さを感じることが出来た。

投球の出来が良くても悪くても己の責を見出し、ただ只管、前を見据えて努力する

様は由宇で彼を見た誰もに共感を与え虜にしたと感じる。

彼が歩んできた荊棘のような野球人生、つまり人生そのものも彼だからこそ成し得た

ものであろうし、神が与えた試練であればそれは彼なら乗り越えられる

そう神が判断し、乗り越えるのを疑わなかったからだろう。

正直、彼が首をケガした状況を伺った時に絶句し、落涙した自分を未だに恥ずかしく思う。

さて、皆さんは夢の終わる時はいつだと思うだろうか。

人間は子供の頃には無限に夢を見ることが出来、またそれらを叶えられると信じて

疑わない生き物だ。

女の子であれば例えば誰々のお嫁さんになるだとか他愛もないものから女優さんになる

今なら差し詰めAKBに入るとか、男の子ならサッカー選手や野球選手等など夢は無限に

広がる、だが、やがて現実や自分の力量や境遇がその幅を狭めやがて夢は終わる。

だが、諦めなければ、見続けていれば夢は終わらない。

そして違う夢の終わりへとステージは誘う。

夢の実現というステージへ。

山中投手の夢は一度途切れかけたがまた繋がった。

そして次のステップはガイナーズで投げること。

そして、選手契約を経てNPBの1軍のマウンドに立つこと彼の夢。

そして、応援しているファンの夢でもある。

無理だなどと言うなかれ、諦めず夢を叶えた選手は多い。

IMGP3332_03_04_2014.JPG

横浜DeNAベイスターズに育成枠で指名され、支配下登録された冨田投手や

IMGP2972_03_04_2014.JPG

こちらも育成枠ながら西武から指名された水口大地選手(背番号2)と

同じく育成枠でソフトバンクに指名された亀澤選手も達ちゃんの同僚だった。

IMGP3375_03_04_2014.JPG

画像に一緒に写る背中を向けた河内投手(向かって右側)も復活を遂げ、

山中投手がカープ時代に可愛がっていた後輩、中村憲選手は育成選手降格を

経て野手として支配下登録された。

前置きが長くなりましたが、本題の

夢の続きをまた走り始める若者に力を貸して下さい

と言うのは、彼を山中達也という選手を応援してくれている方

また応援したいという方で協力できる方にお願いです。

実は、香川オリーブガイナーズの音頭(と言っても歌があるわけではない)で

山中達也選手応援基金というのが企画されていて、

これは地元である坂出、丸亀の企業様に向けて一口10,500円

広告料を募り、ポスターや横断幕を作ろうというものです。

つまり、地元もしくは近隣に住んでいない人にはあまりメリットは無いですし、

個人で10,500円の負担は大きいと思います。

そこは香川オリーブガイナーズ球団もわかっているようで地域限定・地域密着

企業様向けとなっているようです。

私も悩み、迷い、妻に媚を売りましたが我が身可愛さで悶々としておりました。

そこに渡りに船、お好み焼きにオタフクソースとばかりにいい情報が。

由宇練習場のお父さん的存在のはち兵衛さんから

一口1,000円で基金を集めようとのお話をいただきました。

もちろん、賛同いただける方だけで結構ですし、何もお金を払うことだけが

応援ではないです。

声援も応援ですし、心のなかで祈るのも応援です。

かく言う私もまだ払っていませんし…(激爆)

そして、ここまで言っておきながらお金を集めるのは、私は出来ません。

理由は二つ。

1、企画者が私ではないから。

2、私、お金の計算が出来ませんから、指が手足合わせて20本しか無いので。

じゃあどうすんだって方はこちらへ

以下のURL(2つ)で関連の記事(はち兵衛さんの「つれづれBBS」)へ

飛びますからその記事を御覧ください。(両リンクをクリックして下さい)

・「達ちゃん情報」⇒http://6205.teacup.com/8bee/bbs/176

・「つづき」⇒http://6205.teacup.com/8bee/bbs/177

取り纏めは、はち兵衛さんとかんえーっ娘さんが行って下さいます。

私は口だけだしてスミマセン状態です。

IMGP2984_03_04_2014.JPG

最後に一言!

頑張れ!達ちゃん、我らが黄金の左腕!
posted by 和をん at 13:11| Comment(8) | 山中達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする