img005_result.jpg にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球 ファームへ

2018年01月07日

追悼〜在りし日の闘将星野仙一さん

その訃報は恥ずかしながら、野球に疎い父親から聞いた。

「星野が死んだね〜野球の」と聞いて最初はピンと来なかった。

よく思い違いをする父親のことだからまた間違いかなと思いながら

ネットのニュースを拾い読みする。

そこには闘将と呼ばれた男の死が文字となって表わされていた。

私が小学生の時分には、短気で吠える投手という印象が強かった。

宇野選手のヘディング事件の被害者でグラブを叩き付ける姿が

印象に残っている。

そして、私が愛してやまない山本浩二さんの良きライバルにして

朋友。

法大三羽ガラスとはライバル校で有りながら切磋琢磨し、認め合い

友情を育んだと言われている。

その法大三羽ガラスの中の一人、最晩年は星野さんとチームメイト

だった富田勝さんは2015年に鬼籍に入られた。

実は、2012年の東北楽天ゴールデンイーグルスの秋季キャンプに

行き当時監督だった星野さんに一度だけお目にかかっている。

IMGP7804_result.JPG

とは言えそれは声さえ掛けられずに遠くから眺めていただけだったのだが。

最初は、サインを貰おうと近づいたのだがその近づくなオーラが半端なく。

ゆっくりと歩く姿を追うしか出来なかった。

IMGP7841_result.JPG

IMGP7807_result.JPG

威厳が有るし、怒ると怖いのはご承知通りだが、時折見せる

笑顔がチャーミング。

見ていて思ったのは、感情の出し方が素直というか自然というか。

怒るべきところで怒り、笑うべきところで笑う。

ああ、この人は野球が好きなんだな、楽天の選手のことが好きなんだなと

思わせる表情と立ち振る舞いだった。

IMGP7851_result.JPG

野球が好きで、野球に真摯に向かい合い、そして自らの責務を全うした

野球人生、それに悔いは無かっただろうけど平成の時代にしては

あまりに早すぎる旅立ちだったと思う。

今はただご冥福をお祈りするばかりである。
posted by 和をん at 04:15| Comment(0) | プロ野球他球団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

そこにはヤツがいた

カープバスよりかなり後になって、阪神の選手を乗せたバスが

球場に到着した。

バスから降りてくる日に焼けた屈強な男たち。

その中でもひと際、背の高い男が荷降ろしをしていた。

背番号19を付けた藤浪晋太郎選手がそこにいた。

30日からのタマスタ筑後でのソフトバンク戦を睨んでの

合流だと思われた。

IMGP6241_result.JPGIMGP6255_result.JPGIMGP6259_result.JPGIMGP6263_result.JPG


posted by 和をん at 21:09| Comment(0) | プロ野球他球団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

背番号50番の元祖神ってる男

誠也くんは実力も人気も打率も何もうなぎのぼりですね。

51番はカープでは丸選手が付けた63番とともに出世番号ですね。

江藤智さん、前田さん、末永さんと高卒のスラッガーが付けてますね。

51番といえばイチローさんが有名ですが、「18歳の四番打者」と呼ばれ、

近鉄、西武で活躍された土井正博さん、日ハム、ヤクルトで活躍された故大杉勝男さん、

横浜で活躍された鈴木尚典さんも51番を背負っています。

まあ51番はコイ(鯉)とも読めるのでカープにとっては特に縁起がいいでしょうか。

さて、神ってると言えば現役当初は50番を背負って、初打席、満塁ホームランを放った

巨人、横浜で活躍された駒田徳広さんを忘れてはいけません。

ある意味、こちらの方が元祖神ってるでは無いかと思います。

さて、昨日の高知ファイティングドッグスを率いている監督がその駒田徳広さん

でした。

背番号は50番、初心に帰ってということなんでしょうか。

参謀には巨人時代の同僚だったいぶし銀・勝呂野手コーチと鉄腕・吉田豊彦

投手コーチが脇を固めています。

IMGP4314_result.JPG

プロといえどもそこはNPBに比べて実力差が有り、待遇に関しては雲泥の差がある

アイランドリーグの選手ですから監督やコーチも基礎から噛み砕くように

指導しています。

IMGP4331_result.JPG

正に手取り足取りです。

IMGP9588_result.JPG

そう言えば2013年の3月に津田恒実メモリアルスタジアムで開催された

名球会フェスティバルでも子供達に熱心に指導されていました。

巨人、横浜で活躍され、名球会にも所属している元スター選手ですが、

雑草のような選手を育て、NPBへ送り出そうと頑張っておられる姿は

感動モノでした。

サインを戴いたのですが、そこは気配りの人ですね、時間がないからごめんねと

言いながらチーム名はF・D(ファイティングドッグスの略)にさせてねと断りながら

サインをされてましたが、私の写真は名球会ユニのものだったからか丁寧にジャイアンツと

ベイスターズの文字を入れて下さいました。

またまた感激しました。

komada001_result.jpg
posted by 和をん at 18:18| Comment(0) | プロ野球他球団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする