img005_result.jpg にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球 ファームへ

2017年11月19日

その時、3度目の神の声が聞こえた

11/16のいよとみ荘前は比較的、静かでした。

ギャラリーは私も含めてMAX8人程か。

集まっていた誰かが言った。

「新井さんまだだよね」

それに別の方が答えた

「新井さんは、広島で公演みたいですよ」

何と、それが終わってくるとなるといつのことだか。

そんな疑心暗鬼な気持ちの中、また神の声が。

「新井さんをお待ちなら8時くらいだと聞いてますよ」

いよとみ荘の大将でした。

良い方だ。

ともすると営業妨害とも成りかねない、ギャラリーに

優しいお言葉。

次は、絶対、宿泊しに来ます。(←誰と?)

しかし、九州は大分といえども高地の夕刻は寒い。

体感は、気温一桁。

でも誰もがその場を離れようとしない。

新井さんの姿を見るまでは。

いよとみ荘のロールカーテンが閉められ、選手達の宴が

始まり、時折、笑い声と良い匂いが漂ってくる。

そう言えば、昼に菓子パン2個食べて以来、何も食べてなかったな。

寒さと、空腹それもこれも自分で選んだ道。

まあ阿呆ですね。

お腹の虫が何度鳴ったか分らなくなり、手もかじかんできた頃、

いよとみ荘の駐車場に、一台の高級車が滑り込みました。

運転席の窓が開き、暗闇の中に映し出された顔は、見知った顔でした。

かつてのドラ1、達っつあんがラッキーストライクの小箱を忍ばせ

抽選で獲得した黄金の左腕、河内貴哉現球団広報です。

助手席から、一際大きな男が出てきました。

その時、そこにいた誰もが叫んだ!

「来た〜、新井さんじゃ〜」

みんなで新井さんを勝手に出迎え、サインを期待するも、

辺りは真っ暗、時間は予定の8時より1時間早い7時では

有るけれども、外は寒く、いよとみ荘の中では新井さんを待つ

チームメイトと旅館の方々。

河内広報が済まなさそうに

「宴会が始まってますし、みんな待っているので済みません」と

言った言葉に一同、無言で方を落としながら

「新井さん。またお願いします。」と言うと

本日、3度目の神の声が

「ちょっと待ってて、荷物置いてまた、出てくるから」

「でも、一人一個ね、いい?」

盛り上がる一同に困惑する河内広報。

「でも、みんな待ってますし」

「大丈夫、一人一個ね」は新井さんの声。

期待と不安の中待つこと3分くらい。

再び、新井さんと河内広報が現れ、即席のサイン会が

始まりました。

DSC_0713_result.JPG

灯りは、いよとみ荘の街灯のみ。

DSC_0711_result.JPG

河内広報もお手伝いをされながら、お母さんが連れてこられた

赤ちゃんの分も含めてそこにいた全員にサインをされていよとみ荘の

中へ消えていかれました。

新井さん流石です。

img005_result.jpg

これに満足して、近くのコンビニで(と言っても徒歩5分くらいだが)

でおにぎり2個と菓子パン1個の夕食を済ませ、車中泊のために

道の駅ゆふいんまで車を走らせました。
posted by 和をん at 09:08| Comment(0) | 新井 貴浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

アライ〜 Since2007

妻と旧広島市民球場に初めて行ったのが2007年の6月9日。

この日は7回まで3−1で勝っていたがエース黒田がソフトバンクの

主砲、松中に逆転3ランを打たれて負けた試合。

そして、2試合目は7月7日の前田智徳応援デーだった。

横浜、三浦、広島、黒田の両エースが登板した試合は予想に反して

初回に4点を献上した黒田が6回5失点で負け投手になる負け試合。

新井_result.jpg

この日は、サインボールセットで2階席からの観戦でして、4番の新井貴浩選手が

打席に入る度に後ろに陣取った体格のいいオバちゃんが

「アライ〜、アライ〜」を連呼して応援してました。

そして新井さんが凡退する度に大きなため息。

我が家では新井さんを語る時は必ず蒸し返すエピソードになっています。

秋季合同練習では一人だけカープのユニフォームを着て練習し、その後涙の

FA宣言。

旧市民球場前で署名した夏の日はカープファンの徒労に終わったと思いました。

その新井さんがカープに帰って来て25年ぶりの優勝。

あのまま新井さんがカープに居ても同じ結果だったか、それとも逆に今の新井さんが

無かったかも。

世の中、わかんないものですね〜。

でも、新井さん、おめでとう、そして有難う!
posted by 和をん at 17:26| Comment(0) | 新井 貴浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする