img005_result.jpg にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球 ファームへ

2018年04月11日

【由宇通信】この男が今のカープには必要なんじゃ〜!

この男が今のカープを変える。

お祭り男が必要なんじゃ、そう思わんか。

実力も大切じゃが、実力以上のものを時に出せる選手。

それが上本崇よ。

DSC_4225_result.JPG

もちろんフォーチュンクッキーを踊らせたら右に出るもんはおらん。

本家AKBも真っ青じゃ。

まあ今年はアレよの。

欅坂46 の『ガラスを割れ!』をやって欲しいよの。

チームの殻を破るが如く。

DSC_4233_result.JPG
posted by 和をん at 16:50| Comment(0) | 上本崇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【由宇通信】間違えてませんから

DSC_5377_result.JPG

天谷選手、手が逆からの

DSC_5378_result.JPG

順手に持ち替えて

DSC_5388_result.JPG

シャープスイング。

器用だな〜。
posted by 和をん at 16:37| Comment(0) | 天谷宗一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【由宇通信】ベテランの存在感

DSC_4107_result.JPG

キャリアハイは2008年、それから10年後34歳になった天谷宗一郎選手は

今、ファームを主戦場にしている。

DSC_4105_result.JPG

高校時代は「北陸のイチロー」と呼ばれた俊足・巧打の逸材。

本家のイチロー選手はメジャーリーグで44歳のシーズンを迎え、

方や天谷宗一郎選手は34歳のシーズンを走り出している。

DSC_4104_result.JPG

多くのベテランが、ファームでは代打や代走、守備固めでの出場となる中、

スタメンでセンター一番に名を連ねる天谷選手。

その存在感、そして実力。

彼がマツダスタジアムで躍動する日が来るのか。

そんなことなど考えもせずにただ目の前の自分とその敵と戦う彼に

これからも注目したいと思う。

DSC_4096_result.JPG
posted by 和をん at 16:27| Comment(0) | 天谷宗一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【由宇通信】試合前の奨成くん

昨日、由宇練習場に行って来ました。

DSC_3855_result.JPG

ゴールデンルーキー、中村奨成選手はチームにも溶け込み

日々進化を続けています。

何事にも物怖じせず、時折、笑顔も見れて大物の予感がします。

先輩の船越くんの失敗を白濱さんと一緒に笑っていました。

この雰囲気いいですね。

DSC_3863_result.JPG

DSC_3771_result.JPG

DSC_3763_result.JPG

DSC_3787_result.JPG

DSC_3801_result.JPG

DSC_3836_result.JPG
posted by 和をん at 15:26| Comment(0) | 若鯉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

人生で一番大切なこと『恕』

『恕』と書いて『じょ』と読みます。

実は、大洋ホエールズ、読売ジャイアンツで活躍し、

カープではヘッドコーチも務められた松原誠さんが

サインを書かれる時に添える文字でもあります。

そして、中国の思想家、孔子が言った言葉に

「人生で一番大切なこととは「恕(じょ)=思いやり」と有ります。

人生は苦難の連続、楽しいことより苦しいことの方が多く、時に心も

荒みがちになることもあるでしょう。

しかし、そんな中でも思いやることは大切です。

「カープファンは敵だし、一緒のチームを応援してるわけでもないから、

どうでもいいという風に考えていました。」と言う考えの人が

「かっとばせ! 死んじまえ! 原爆落ちろ、カープ!! 」と叫んだ映像を

見ました。

うちの死んだ婆ちゃんがよく言ってたんですが、「つばを上に向かって吐いて見ろ」と。

吐いたつばは自分に落ちる。

野球は9人ずつ18人がフィールドでプレーするゲームです。

格闘技では無く、相手チームを殺したり、傷つけたり、貶めることで勝利を

得るスポーツでは無いです。

相手チームがあっての野球です。

ましてや「三度許すまじ原爆を」の日本で「原爆落ちろ」は無学では

済まされません。

「原爆落ちろ」は日本人や日本のみならず、世界や人類に対する侮蔑です。

言論の自由を履き違えています。

人が人である所以は、心に相手を思いやる気持ちを持っていること。

ことに日本人はその心が素晴らしいと思って来ました。

残念で悔しくて情けない。

野球ファンにそのような考えの愚か者がいることが。

野球は勝てば良いのでしょうか、勝てば正義なのでしょうか。

敗者の美学とは言いません、しかし、どんな強いチームでも負ける。

勝ち負けがあるから野球であり、そこにドラマがある。

美しいものに平気で墨を塗るような、つばを吐きかけるようなそんな

人間は、GET OUT OF HERE!です。


posted by 和をん at 10:45| Comment(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする